軽自動車 関連 様々な手続き

中古車の買取査定サイトの決定版!高額査定にきっと満足出来る!

高額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり
車を高く売りたいのならネットで一括比較です


ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります

ネットで愛車の買取価格をすぐにチェック出来る無料で簡単超スピード査定

愛車の1番高い売却価格を知りたい貴方に一括査定サイトのご案内

一括無料査定サービスで査定金額が分かったら、更に業者同士を競合させて高値で売却する事が可能です。

特に、オンラインの無料一括査定の中でも、かんたん車査定ガイド評価は高く利用者も満足している事で人気が急上昇中です。

只今!キャンペーン実施中です!

車を売ってアンケートに答えて抽選で最大10万円プレゼントキャンペーンを開催中です。

↓↓↓一部ですが、査定サービスを受けた方々の声を紹介しています。↓↓↓
一括無料査定サービス かんたん車査定ガイド
一括無料査定サービス かんたん車査定ガイド
オンラインの無料一括査定 かんたん車査定ガイドの無料一括査定を試してみる方はコチラから

一括査定サイトに複数登録しておく事で、さらに業者の間で買取競争が起こるので貴方のご希望の高額査定に結びつく可能性がグーンと高まります。

かんたん車査定ガイド

 

愛車の1番高い売却価格を知りたい貴方に

完全無料45秒のカンタン入力で最大10社の査定額を瞬時に比較

各社が「買取強化中!」下取りより平均16万円お得に売却出来る!

あなたの愛車を高く買取る会社がすぐに見つかります。

自宅で気軽に買い取り価格をチェック出来る かんたん車査定ガイドはコチラから>>



ズバット車買取比較

 


貴方の愛車を最高額で売るためには

1社でも多くの会社に査定してもらい査定額やサービスを内容を比較するのがベストです!

愛車を50万円以上高く売るのも夢じゃない!比較するならまずは一括査定のご依頼を!

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定!

無料一括査定で愛車の最高額がわかる!ズバット車買取比較はコチラから>>



さらなる査定額アップを目指す貴方は「かんたん車査定ガイド」と「ズバット車買取比較」この2つに無料一括査定依頼をしておくと間違いないですね。

軽自動車に関連する様々な手続きについて記事一覧

軽自動車を名義変更した場合、軽自動車税についての還付(返金)はどうなるのでしょうか?普通自動車の場合と軽自動車の場合は、税制度が若干違います。軽自動車の場合は、名義変更の手続きを行っても、軽自動車税の還付を受ける事は出来ません。もちろん廃車を行ってもこれと同様であり、そもそも軽自動車において自動車税の還付はありませんのでご注意下さい。軽自動車税における納税のしくみについて軽自動車税における納税の方...

軽自動車税を払ってない軽自動車を廃車にしたい・・・そう思う場合もあるかもしれませんが、そのような事は実際に出来るのでしょうか?結論から言えば、廃車に出来ます。自分が所有している軽自動車は、仮に軽自動車税を払っていなくても、これを廃車にする事が出来るのです。軽自動車の納税と抹消登録の管轄は全く違うと言う事軽自動車の廃車と自動車税における納税を管轄する場所は、全くの別物になります。廃車(抹消登録)を管...

一時使用中止となっている軽自動車について、この軽自動車を新規登録するためには、中古新規検査を受ける必要があります。そしてその中古新規検査の際には、軽自動車検査証返納確認書が必要になります。今まさに軽自動車検査証返納確認書を提出する予定のある方もおられる思いますが、この軽自動車検査証返納確認書の書き方はどのようなものでしょうか?軽自動車検査証返納確認書の書き方の記入欄軽自動車検査証返納確認書の記入欄...

軽自動車の自動車検査証返納証明書と言えば、これまでは「自動車検査証返納証明書」と「軽自動車検査証返納確認書」の合併様式一枚で交付されてきました。ところが平成24年6月4日より、様式が変更される事になりました。自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が別々の交付に様式変更の中心は、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が別々の交付になると言うものです。自動車検査証返納証明書は・・・...

自分が乗ってる軽自動車の所有権が・・・自分ではない。むしろその軽自動車を買った車屋にある。その状態の軽自動車を、なんとか廃車にしたい。このような場合はどうなるのでしょうか?軽自動車の所有権が車屋の場合、その軽自動車を廃車にする事は可能でしょうか?またどのような方法で廃車に出来るでしょうか?軽自動車の所有権を解除してからでなければ廃車に出来ない!自分が乗ってる軽自動車の所有権が車屋にある場合、その軽...

軽自動車の解体返納(永久抹消)って・・・どうやるの?様々な事情があってこれから初めて解体返納(永久抹消)されると言う方もいらっしゃるかもしれません。軽自動車の解体返納とは、その軽自動車についてもう二度と乗る事が出来ないようにするための手続きの事です。いわゆる登録抹消の事ですが、普通自動車で言うところの永久抹消登録にあたります。軽自動車の解体返納(永久抹消)は何時、何処で手続きをする?軽自動車の解体...

軽自動車の永久抹消登録(15条抹消)とは別に、軽自動車の16条抹消手続きと言うものもあります。これは15条の永久抹消登録に対して、自動車の一時抹消登録になります。つまり、登録している軽自動車について、使用を一時的に中止とする措置の事です。軽自動車の16条抹消手続きを行うためには、必要な書類を用意して、いくつかの注意点に気を付けなければなりません。軽自動車の16条抹消手続きに必要な書類について軽自動...

自分が所有する計自動車を永久抹消登録する場合ですが、普通自動車で自賠責保険の返金があるのと同じように、軽自動車においても、自賠責保険の返金があります。軽自動車を所有の方で永久抹消登録する予定のある方は、廃車時における軽自動車自賠責保険料払い戻し手続きのポイントを紹介しますので、しっかりとご覧になって確認して下さい。軽自動車の自賠責保険料払い戻しに必要な書類軽自動車を廃車した時の自賠責保険料の払い戻...

普通乗用車の一時抹消登録に該当するものとして、軽自動車の場合にも一時使用中止の登録手続きがあります。この一時使用中止の手続きは普通車の一時抹消登録と同じもので、「軽自動車検査証返納届」とも呼ばれます。ただし、普通車の一時抹消登録手続きが運輸支局で行われるのに対して、軽自動車の一時使用中止手続きは、軽自動車検査協会で行われます。自動車検査証返納届に必要な書類軽自動車の一時使用中止手続きで必要な書類は...

今、自分が乗ってる軽自動車の所有者がディーラーになっていたら・・・この場合、自由に廃車登録を行う事が出来るのでしょうか?答えは「いいえ、残念ながらそれは出来ません。」と言う回答になります。所有者がディーラーになってると言う事は、使用者本人には軽自動車の所有権が無いと言う事なので、所有権が無い軽自動車を勝手に廃車にする事は出来ません。所有権のない軽自動車を廃車する為には自分が使用者だけど自分には所有...

暫く軽自動車には乗らないだろう・・・でも、またいつ乗る必要が出てくるか分からない・・・と言うような状況も起こり得ると思います。例えば、海外出張や長期入院する場合など・・・暫くの間乗らないのは分かっているけど、でも再び乗る可能性が高い訳です。だからと言って完全に廃車して手放す事は出来ないと考えます。さて、こう言う場合はどうすればいいのでしょうか?軽自動車の一時中止登録について再登録の可能性を考えて軽...

軽自動車を一時使用中止にするためには、必要書類を揃えて提出し、ナンバープレートを返納する必要があります。所定の手続きと提出場所が決まっていますので、手続きしたい方は事前によくチェックしておく事が重要です。軽自動車検査返納届の手続きと提出場所軽自動車の一時使用中止の事を「軽自動車検査返納届」と言いますが、軽自動車検査返納届の手続きをする場所は、軽自動車検査協会です。普通車の一時抹消登録は運輸支局で行...

軽自動車を廃車にしようとする時には、まず車検証の所有者名を確認しなければなりません。車検証の所有者欄に使用者(本人)以外の会社の名前があるなら、所有権は使用者本人にはありませんので、廃車手続きは一切出来ません。逆に所有者欄に会社の名前がないなら、その軽自動車の所有者は使用者本人と言う事になります。この場合は、廃車手続きを本人が行う事が出来ます。軽自動車の廃車に必要な書類については?軽自動車を廃車す...

軽自動車の廃車手続きには3種類の方法があります。解体返納解体届出自動車検査証返納届け上記の3つうち、いったん一時使用中止(自動車検査証返納届)にした車を、完全解体する場合は解体届出を行います。解体届出の手続きは普通車で言えば、一時抹消登録⇒永久抹消登録となります。解体届出に必要な書類について解体届出の手続きを行うための必要な書類は下記の通りになります。OCRシート軽第4号様式の3(申請書)手数料申...

軽自動車を解体する時は、解体返納もしくは解体届出の手続きをする必要があります。その際にナンバープレートは一体どうなるのだろうか?と言う疑問が湧くかもしれませんが、軽自動車解体の際のナンバープレートの処理はいたってシンプルなものです。軽自動車の解体におけるナンバープレートの処理について軽自動車の解体手続きを行う時は、あらじめナンバープレートを外しておきます。前後2枚のプレートの両方を外しておき、解体...

軽自動車を廃車して乗らなくなるから、自賠責保険も合わせて解約したい・・・そう思う方もいらっしゃると思いますが、そう言う場合の自賠責保険の解約は、連絡一つ入れるだけで簡単に済むものではありません。しかるべき手続き、また書類が必要になります。軽自動車の廃車で自賠責保険を解約する場合については?軽自動車を廃車して、それと同時に自賠責保険も解約したいと考える場合は、まず車を確実に廃車する事と、それを証明す...

軽自動車の廃車手続きに合わせて自動車任意保険も解約したいと思われる事がほんとんどです。軽自動車にまつわる自動車保険といえば、自賠責保険と任意保険になります。この2つはそれぞれ解約の仕方が異なります。また、軽自動車の廃車に合わせて保険を完全解約しない方が良い場合もあるので、任意保険解約は慎重に行うようしなければなりません。任意保険を解約する場合について軽自動車の廃車に合わせて任意保険を解約する場合は...

軽自動車を一時使用中止にする場合は、軽自動車検査協会に行って軽自動車検査返納届を出します。これは車を一定期間使用し出来ないようにする手続きですが、それには税金や保険の契約も関わってきます。軽自動車に関わる税金・保険と言えば「軽自動車税」「重量税」「自賠責保険」で、この3つを考える必要があります。一時使用中止にした場合の軽自動車税については軽自動車を一時使用中止にすれば、その登録期間中は軽自動車税を...

軽自動車で車検を受ける為には、運輸支局や軽自動車検査協会の検査場に持ち込むか、もしくは指定整備工場に持ち込んで受ける事も出来ます。いずれにしても車検を受ける時には、手数料が必要になります。この手数料は検査手数料、車検の法定費用とも呼ばれるもので、運輸支局や軽自動車検査協会に支払わなければなりません。検査手数料は新しい車検証を交付してもらうためのものなので、必ず支払う必要があります。車検の検査手数料...